実習生受入れのメリット・デメリット

メリット
職場の活性化
技能実習⽣は意欲的で向上⼼があり、現場の職員に良い影響を与え職場が活性化します。
企業の国際化
技能実習⽣との異⽂化交流の経験により企業内の国際化が進み、国際的企業としてイメージアップが図れます。
国際ビジネスへの拡⼤
帰国した技能実習⽣との交流により現地との新たな関係が築かれ、企業の国際ビジネス拡⼤に役⽴てることも可能です。
国際貢献
技能実習⽣に⽇本の技術や技能を伝えることで、企業の社会的・国際的貢献度が⾼まります。

デメリット
在留期間は3年
技能実習生は技能実習1号として1年、その後要件を満たせば技能実習2号として2年、合計3年間日本に滞留できます。
⼿続きが煩雑
⼊管当局への提出書類など⼿続きが⾮常に多く、チェックも厳正なため、⼿間に感じられます。
配属までに時間がかかる
⼿続き・⾯接・⽇本語講習などを経て、実際に企業に配属されるまでに最低でも7〜9ヶ⽉かかります。
受け⼊れ後も⼤変
言語・文化・習慣の違いから、はじめはご苦労されることが多いようで、慣れるまでにおよそ3カ月から半年ほどかかるようです。