事業内容・取り組み

詳しく見る

技能実習の基本理念

詳しく見る

お申し込みの流れ

詳しく見る

事業内容や、取り組みについてご覧いただけます。

詳しく見る

技能実習制度は、我が国で培われた技能、技術又は知識の開発途上地域等への移転を図り、
当該開発途上地域等の経済発展を担う「人づくり」に寄与することを目的として創設された制度です。

職場の活性化
技能実習生は意欲的で向上心があり、現場の職員に良い影響を与え職場が活性化します。
企業の国際化
技能実習生との異文化交流の経験により企業内の国際化が進み、国際的企業としてイメージアップが図れます。
国際ビジネスへの拡大
帰国した技能実習生との交流により現地との新たな関係が築かれ、企業の国際ビジネス拡大に役立てることも可能です。
国際貢献
技能実習生に日本の技術や技能を伝えることで、企業の社会的・国際的貢献度が高まります。

技能実習1号

技能実習生は「技能実習1号」として入国し、約一ヵ月間の日本語講習を経て、受入企業の現場での技能などを習得する活動に取り組みます。

技能実習2号

「技能実習2号」(2年目、3年目)に進むためには技能検定試験に合格する必要があります。「技能実習2号」として、習得技能をさらに習熟させるための活動に取り組みます。

技能実習3年目は2年目よりも更に高い技能を身につけることが必要となります。合計3年間の実習期間が終われば、技能実習生は帰国します。

詳しく見る

CONTACT

外国人技能実習生受け入れ制度の利用を検討してみませんか? 当組合職員一同、お問い合わせをお待ちしております。